2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気06/05/13 | トップページ | ニジマスの薫製 »

2013年6月 5日 (水曜日)

公立置賜総合病院

 9時頃に,休みを取った女房と一緒に置賜総合病院に行く。

DSC07304.JPG

 受付して,採血。その後,放射線科に行き,CT の順番待ち。朝が早かったので眠くて仕方がない。ソファに腰掛けてウツラウツラして過ごす。名前を呼ばれて検査着に着替えて入室。機材はジーメンス製。

 まずは,単純 CT 像を撮る。次いで,造影剤をセット。点滴用に比べても針が太いのでちょいと痛い。シリンジポンプ内になにやら不気味な色をした液体が詰まっている。ほんの少しの造影剤と,多量の生理食塩水でテストした後,器械をセットして,造影剤一気に注入。

 あっという間に,咽の奥の上顎や顔,腕,尻の穴付近などに灼熱感を感じる。それとともに,今回も軽い吐き気を感じた。なにしろ,ベンゼン環の炭素に一つ置きにヨウ素が3つ付いて,その他の炭素には,親水基が付いているのが,造影剤である。そんなものを大量に血管に注入されて平気でいる方がどうかしている。

 そんな訳で検査終了。あまりにも腹が減って,クラクラするので売店でサンドイッチなどを買って食べておく。

 昼過ぎになって,ようやく診察。膵管の状態は1月に撮影した MRI データと変わらず。ただ,80日ほど断酒したお陰で血液データは格段に改善されていた。まあ,これは結果のわかり切っている実験結果を見せられたようで少しも面白くない。腫瘍マーカの CEA, CA19-9 も正常。担当の医師といろいろと話す。経過観察も出来るだろうが,この場所の,この種の病変は,突然変化することもある。例えば,3カ月毎に CT を撮っていたが,この3ヶ月が命取りになる可能性はゼロではないと。こちらも,伝手を頼って訊いた外科医お二人の意見は,「切るべし!」だったと伝える。一人は置賜総合病院の外科医師なので,全てのデータを眺めての意見だ。

 ということで,結論として「切る」ことにした。8月に入って前期業務が終わった時点で入院し,術前検査,手術というスケジュールを組んでもらうようにした。さ〜て,9月に再び世の中に現れる(ないかも知れないけど)なでら男の変容に乞うご期待(笑)。

 恐らく,げっそりと痩せて,階段の上り下りさえゼーゼーいう状態になるだろう。だけど,自転車を乗り始めた25年前にも,その状態からのスタートだった。また,あの過程を楽しめると思えば,悪いことでもない。多分,痩せているだろうから,そのまま自転車用の筋肉にして,ヒルクライマーとして生まれ変わってみるか(爆)。自分自身のことだけど,第三者的な目で面白がっている自分がいる(笑)。

 全て終わったのは1時過ぎ。ラーメンでも食っていこうと「すがい」に行く。いつも行く「志づ美」は水曜が定休日だ。

IMG_2784.jpg

 大変美味しゅうございました。結局,職場に戻れたのは3時頃。

« 重さと運動と天気06/05/13 | トップページ | ニジマスの薫製 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

病気」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
大変お久しぶりでございます。

お気持ち察しますが、明るいなでら男さんなら適切処置後は大丈夫でしょう。
しばらくは無理せずお大事してください。
少しずつ、毒だしのローラー台が復活していくことを祈っています。

masa さん

コメントありがとうございます。本当に,お久しぶりです。今年は,親父のことなどもあって,宇都宮を三連続 DNS してしまい,スタッフの皆様には大変申し訳なく思っています。賛助会員の参加枠であることが唯一の救いですが。

ローラーは既に食事や睡眠と同様の域に達しております。\^o^/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気06/05/13 | トップページ | ニジマスの薫製 »