2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« じぇじぇじぇ,..100,000!?@o@/// | トップページ | 夕暮れの米坂線 vol.3 »

2013年6月22日 (土曜日)

【習作】散居集落

 午前中はウダウダと過ごし,昼頃に,明日の切符を買いに米沢駅まで MTB でゴー。遠回りして往復。12〜14キロくらい走ったかな。軽く汗をかいた。帰りは向かい風がきつい。昼飯食ったら,やたらに眠くなって軽く昼根。目が覚めて,さて何をしようかと考えて,よし,ドンデン平のユリ園に行って,本当の散居集落とやらを眺めて来ようと,..。自転車で行けばよかったのだが,準備するのが面倒になって車で。

 ドンデン平ユリ園はオープンしたばかりらしく,咲いていないところ(品種?)もあるらしく,入園料が 100 円引きの 500 円になっていた。もっとも,人間の手で整備された花園には興味がないので,窓口で「散居集落の展望台には,園内から行くんですか?」と訊けば,「いえ,左手のゲートを入って頂いて車で5分程度です」とのこと。てっきり,駐車場からは徒歩だと思っていたが,車で行けるらしい。なので,入場せずに済んだ。

 ゲートを通って,結構な勾配の林道を1キロほど登って行くと,やがて舗装が終わる場所に到着する。その場所が駐車スペースで,そこからちょっと歩いたところに展望台があった。

DSC_2720.jpg


DSC_2716.jpg

 これが散居集落らしい。以前に,日本一美しい田舎の景色に認定されたとか。斜平山の上から北の方向に見えるのは,この集落ではないのか? それにしても,水田に水が張られた辺りで,朝焼けとか夕焼けの時刻を狙いたい(すっかり,カメラマン気取りだ)。

DSC_2736.jpg

DSC_2737.jpg

 その集落の中を進む米坂線の坂町行き。最初,下り列車はてっきり右手から左手に進むものと思っていたが,米坂線は長井辺りでグルッと回り込んで進行方向を変えるのを思い出した。そんな訳で,列車を認識するのが遅れた。不覚なり〜〜・・。

 帰り道はついでとばかりに,イザベラ・バードで最近話題(なのか?)の「諏訪峠」へ。

DSC_2738.jpg

 どこが峠か確かめなかったのだが,こんな幟があった山道に適当に入り込んで,イザベラ・バードが観たであろう景色を眺める。

DSC_2745.jpg

DSC_2746.jpg

 一応,古道の入口だけ確認。越後〜米沢街道十三峠を MTB で踏破するのが今年の一つの課題ではあったのだが,...。

« じぇじぇじぇ,..100,000!?@o@/// | トップページ | 夕暮れの米坂線 vol.3 »

写真」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

7~8年前同僚のアメ吉君がこの季節のこんな集落を見て感動していたのを思い出します、自分もじっくり見ると「いいね」と思いました。気が付かないだけで身近にも良いものが有るんですね。

pokky さん

何となくホッとする景色ですよね。晩秋の朝靄などの出る時季も幻想的な感じになると思います。

なんでもないようなことがいいものだったことが多いですね,特にサイクリングで出会うものは。^^;

散居集落、きれいですね。なんでこういう形になったのかの方が興味ありますけど。
そんでもってイザベラ・バード! 未開の社会を探検するって上から目線のおばちゃんですけど、置賜は「地上のユートピア」っていったとかいわぬとかで、これからどんどん彼女を見る機会が増えるんでしょうね。

ききょうやさん

そうなんですよ。ツラツラと想像するに,最初にこの地にやってきた人間が,自分のいる場所からあちこちに石を投げて,自分の縄張りを決めて,その後で来た人間は,そこに隣接するように同様の縄張り決めて,縄張りのどこに行くにも便利なように中心部に住居を構えて,さらに冬の吹雪き対策に木を植えたと,..。とにかく,古代から連綿と農業が集落の産業の中心にないと維持できない集落構造のような,..。宮本常一さん辺り,題材にしてませんでしたっけ?

東洋のアルカディアでしたっけ?>イザベラバード

いま,ちょっとしたブームですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« じぇじぇじぇ,..100,000!?@o@/// | トップページ | 夕暮れの米坂線 vol.3 »