2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« チャレンジヒルクライム岩木山・前編 | トップページ | チャレンジヒルクライム岩木山・番外編 »

2013年6月30日 (日曜日)

チャレンジヒルクライム岩木山・後編

 エキスパート15kmの部に出場する選手の招集は8時30分。どうせ,前からだろうが後ろからだろうが結果に大きな変わりはないので,後ろの方に適当に並ぶ。スタートの混乱による落車などに巻き込まれたくはないし。

DSC07555.JPG

 このスタート直前でもなにかマッタリ感の漂う,スタート地点。好きだなぁ,こういう空気(笑)。少し暑いなぁとか思っていたら,突然左の方から「ブシュウゥゥゥゥ〜〜〜〜〜〜・・・」という聞き覚えのある音。人生,いろいろなことがあるものだ。ささ早くホイールの交換を(笑)。

DSC07556.JPG

 いよいよスタートである。写真など撮っている場合ではない(笑)。

DSC07557.JPG

 スタート直後から長く伸びた集団。ジワジワと順位を上げるが,思うようにならない。自分の脚質では,まともに高負荷が掛けられるまで最低でも10分は掛かる。なので,ゲートをくぐった辺りで,ようやくアップが終わるということだろうか。

DSC07559.JPG

 ようやく本格的な登りに入る。ここまで12分弱。後で片倉さんに聞いたところ,トップ集団は9分台でここを通過したらしい。ま,いずれにしても楽しく登るのだ(笑)。いきなり9〜10%が始まった。

DSC07560.JPG

 何かを感じて振り向きつつ確認すると・・あれま,山内さんじゃないですか。

DSC07561.JPG

DSC07563.JPG

 あの山に向って登るんだ!

DSC07564.jpg

DSC07565.JPG

DSC07566.JPG

 この辺り,完全に舐め切って走っている。道端の「激坂へようこそ!」とかいう看板も,「どこが,激坂?」なんて調子で。後で泣くことになるのだが。折角なので,九十九折りのカーブは全てインべたで回ることにした(これが後々ボディーブローのように)。

DSC07567.JPG

 この辺りも9%くらいあるかな。まだ余裕である。

DSC07568.JPG

 こんな風にカーブには番号が振ってある。これが「69」になったらゴールである。そして,1キロ毎に「残り**キロ」と看板が立つ。あと7キロで終わりかよ,もう少し長くしてもらいたいなぁなどと考えていた。この辺りまでは,..。

DSC07569.JPG

 この方とは最後までもつれていたようだ。

DSC07570.JPG

 第1エイドである。大きな声での声援,水,ありがとうございます。お疲れさまです。エイドなど不要なので,労力を軽減して下さい(笑)。

DSC07572.JPG

 最近,「進撃の巨人」とかいう漫画を読んだので,思わず「巨人の森?」と(笑)。

DSC07574.JPG

 登ってるなぁ。

DSC07575.JPG

 ピストで登るのは競輪選手の仕事である。お疲れさまです(笑)。

DSC07576.JPG

 第2エイド。お疲れさまです。ありがとうございます。

DSC07577.JPG

 ゴールした。ラスト3キロの平均勾配は11%近いコースだった。道理で少々堪えたぜ。最後の3キロで数回27Tを使ったことは内緒である。

DSC07578.JPG

DSC07579.JPG

 永遠のライバル・山内氏もゴール。少しだけこちらが速かった。

2.jpg

10.jpg

 片倉さんに撮って頂いたゴール手前のなでら男。実は,十数枚の連続写真なのだが,あまりにも見苦しいので2枚だけを曝す。踵は下がるわ,上体は振るわで,ダメダメ。最後の3キロですっかり吸い取られたらしく,上体を振って無理やりペダルを踏み込んでいたようだった。乗り込み不足も原因と思われる。でも,まあ,乗っていない割に,それなりに登れたので,今の状態ではこんなものだろうという思いがあることも事実。

DSC07580.JPG

DSC07581.JPG

 水とトマトとバナナの差し入れ。ありがとうございます。ゴール後,ちょっとガスが出てきた。

DSC07583.JPG

DSC07585.JPG

 まだまだ選手が登ってくる。メチャクチャ遅くはなかったようだ。でも,もう少し真面目にペース配分すれば1時間5分を切れたかも。

DSC07588.JPG

 Team TOUGE の大谷学長は年代別3位だったらしい。すっかり,ヒルクライマー体型である。すごい!!

DSC07592.JPG

 これが最後のカーブ。

DSC07593.JPG

 来年も参加できたら,荷物にシューズを入れておいて,ゴール後靴を履き替えて,この頂上に登るんだ!!

DSC07594.JPG

 天気はまずまずだったけど,鯵ケ沢方面の海が見えなかった。それが残念。

 11時半頃にいくつかの集団に別れて下山開始。いや〜,楽しかったな。スタート地点まで降って,会場のテントで景品のカレーをご馳走になる。

DSC07597.JPG

 美味し!!この後,集計作業でテンパるほどに忙しい森山さんにご挨拶。絶品りんごジュースをお土産に頂いてしまう。ありがとうございます。申し訳ございません。

 帰りの時間もあるので,申し訳ないことながら,閉会式などをパスして失礼させて頂いた。来年は,もう一泊して温泉なんかに浸かってのんびりしたいな。アットホームな運営といい,コースといい,実に気に入りました。森山さん始め,スタッフの皆様,大変お世話様でした。また,来年も是非よろしくお願いいたします。万難を排して参加の方向で動きます。

« チャレンジヒルクライム岩木山・前編 | トップページ | チャレンジヒルクライム岩木山・番外編 »

サイクリング」カテゴリの記事

ヒルクライム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チャレンジヒルクライム岩木山・前編 | トップページ | チャレンジヒルクライム岩木山・番外編 »