2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 夕焼けの中の米坂線 | トップページ | 夕暮れの米坂線 vol. 2 »

2013年6月21日 (金曜日)

重さと運動と天気06/21/13【夏至】

 起床は5時半。昨夜は11時には寝たので,結構な睡眠時間を取ったんだが,..眠い。朝の体重は 74.4kg と横這い。頭と身体がシャッキとするのに結構な時間が掛かるので,試しに血圧測ってみたら 105-56 とか出るし,..。さらに,心拍に至っては,「脈間隔変動」のメッセージ。房室ブロックが出ると,いつもこのメッセージが出る(苦笑)。自分で脈をチェックしてみると,たしかに頻繁に脈の抜けがある。「トッ,トッ,...トッ,...トッ,トッ,..」というような感じ。最近,やたらに眠いことと係わりがあるものかどうか,..。今までは,房室ブロックの診断が出ていても,体調に関しては自覚するような変調は何もなかった訳だが,以前に比べて,ほんのちょっとだが,..まったく明確ではないのだが,..僅かな違和感というか,...そんなものを感じている。巧く表現できないんだけど。漠然とだが,残された時間が少ないかもなぁなんてこともチラッと脳裏に浮かんだり,..。ま,人生,なるようにしかならん。死ぬまで生きるのみ(笑)。

 起きるのが遅かったので,30分ほど講義準備して,ワン公の世話。ワン公は,昨夜晩飯の後で連れ出したら,結構ユルユルと歩いてくれたので,今朝はまあ,歩かなくてもいいかという感じ。その後は,いつものようにママチャリでゴー。ちょっとした登りでは思い切り踏み込んで,大腿四頭筋に乳酸を貯める。気持ちいいなぁ〜〜〜・・。某仙人の如く,普段の練習をママチャリでやれば,鉄下駄効果が期待できるかも(笑)。

nadera062113.jpg

 斜平山を一眺めしてから,定点観察へ。

 オニヤンマの羽化は今朝も確認できず。最初の日がいつなのかは結構重要なことだと思うので,毎日のチェックが欠かせないのである。

DSC_2652.jpg

 戻ってきて,いつもの運転士さんに挨拶して(と思っているのはこっちだけ),..

DSC_2663.jpg

 シゲシゲと見れば,これも面白いなぁと思ってみたり,...

DSC_2664.jpg

 で,ご近所の暖炉用薪の山に毎年のことながら感嘆すること頻り。薪の断面と黄色の花が色の組み合わせ的にちょっと気に入った。

-------------------

 朝飯後にローラー15分,7km。勾配負荷2〜3%,ケイデンス 85 - 94rpm で。実家から電話掛かってきて途中停止。

 今日ローラー&ママチャリ 10km,今月 700km,今年 4328km

--------------------

自転車雑誌:

 現在,一つだけ生協から定期購読している雑誌があるのだが,本日受け取って,パラパラと内容を見れば,「楽に速くなるヒルクライム」とか,寝言は寝て言え!的内容。楽に速くなったら,エネルギー保存則に反するじゃないか。出力を上げて,体重を落とせば速くなるとかいうのに至っては,沢山食べて動かなかったら太るよ!というのとなんら変わりはない。自転車に関する記事なども,踏めば踏むだけ進むとか,バカバカシイことこの上ない。大分前から買ってもほとんど目を通さない状態になっていたのだが,ようやく踏ん切りがついた。で,定期購読を解約しておいた。もし,どうしても読みたい記事があった時には買うことにしよう。一年に一回あるかないかだろうけど。

 その代わりと言ってはなんだが,「ニューサイクリング誌」を定期購読することにした。ワハハハ。

« 夕焼けの中の米坂線 | トップページ | 夕暮れの米坂線 vol. 2 »

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよ! ママチャリには「鉄下駄効果」があるんですね~。 ママチャリに乗り続けてると、ロードなど「軽すぎて」、かえって変に疲れちゃいます(^_^;)

自転車雑誌の内容なんて、毎年同じことの繰り返しでしょう! 読んで強くなるなら、この世には強い自転車乗りばかりになっちゃいますよね(^_^;)
早々とそれに気づいた私は、自転車雑誌は買いません!
おっと、ニューサイの4月号は「早春の栃木路を走る」だったんですね。 買っとけばよかったかな?

へばなさん

ロードに乗っても,思ったより速くならないというのは「へばなさんの七不思議」の一つです。^^;

自転車雑誌はもういいです。カーボンフレームも軽量ホイールも電動メカも,どうでもいいという感じです。
ニューサイのツーリング記事は普遍性があって好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夕焼けの中の米坂線 | トップページ | 夕暮れの米坂線 vol. 2 »