2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気06/18/13 | トップページ | 【書籍】奥右筆秘帳シリーズ全十二巻 »

2013年6月19日 (水曜日)

重さと運動と天気06/19/13

 起床は4時過ぎ。ネコの目覚まし起動。う〜,眠い。外は久しぶりの雨。カラカラだったので,農家にとっては恵みの雨か。5時頃には「ザーザー降り」の本格的な雨状態になった。朝の体重は 75.0kg と増える増える。最近,空腹に負けて晩飯量が若干多い。酒は呑まなくなったものの(そういや,今月末で禁酒100日だよ),運動量は減っているので,こんなところでバランスしたのかも知れない。来週の岩木山ヒルクライムでは,71キロくらいの体重で参加の予定だったのに,..。人生も世の中も,上手くいかんものだのぉ。職場的にも面白くもない話がいくつかあって,そんなこんなで気分的にもどよ〜〜んとした朝なり。

DSC_2524.jpg

DSC_2533.jpg

 斜平山も雨に霞んで,..。

雨の風景:

 雨だし,ワン公は当然歩いてくれないし,ローラーでも踏むかなぁと思ったが,ふと,思い付いて傘を差して出かけてみた。思い付いたことは,「一目見て,雨がザーザー降っていることがわかる写真を撮れるのか?」ということ。そりゃ,傘を差した群衆とかを撮影すれば簡単だろうけど,そんなものでは面白くない。で,何枚か撮ってみたが,どれも今一つ。ボツにした画像は60枚ほど。そういや,デジイチ入手からほぼ3ヶ月だが,撮影枚数は3千枚に近い。

DSC_2528.jpg  

 ちょいと速めのシャッターにしたら,水面に雨粒が落ちて穴の開いた様子が固定された(笑)。でも,ちょっと見には,「雨」とはわかり辛い。雨粒が多過ぎて,一つの雨粒の波紋が残ってくれない。

DSC_2542.jpg

 これは直接的な屋根からの雨水。直接過ぎて,不満が残る。

DSC_2574.jpg

 もっと綺麗に写るかと思った,コンクリート上に落ちる雨粒。池とかの水面を写した方がいいのかも。雨線を綺麗に撮るには,外部のライトが必要なのかな?

DSC_2531.jpg

 ちょっとありきたりかも知れないけど,こんなのはどうかな?ほんの少しだけ雨線が写り込んでいるけど,これが星の日周運動みたいに写ってくれれば,..。

雨の上がった夜も,なかなかに面白い:

DSC_2580.jpg

 なんでもないご近所の景色も,数秒の露光と Lightroom 5 の編集を経れば,なんとも面白い絵に変わる。この辺りがフィルムにはなかったデジタルの面白さと新領域なのかも知れないね。

DSC_2578.jpg

 そして,最早ライフワークとなりつつある,「夜汽車チャレンジ」。踏切通過の様子をランタンルージュとともに狙おうかと思っているのだが,昨日,今日ともに,踏切にヘッドライトを煌々と灯した邪魔な車が停車。「なんか,怨みでもあるのか?」と小さく毒突いてしまった次第。

読了:

 朝に踏む時間がなくなったので,夜にローラー踏もうかと思っていたんだけど,ちょいと読みかけの本が面白くて結局ローラーはパス。

DSC07404.jpg

« 重さと運動と天気06/18/13 | トップページ | 【書籍】奥右筆秘帳シリーズ全十二巻 »

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そう、雨は非常に写真として表現しにくいんですよね。
昔、私も同じ事考えてやってみましたが、スローシャッターじゃないと雨が写りませんでした。
あと、凄いザーザー降りじゃないと空から降ってくる雨粒は写りませんでした。

魚眼レンズ的なもので空から落ちてくる雨粒って捉えられないものですかねぇ?
構図の端っこに山の稜線なんて入れば良いとも思うのですが...
まったく写真なんて分からないのですが。

でもザーザー降りを表現するのとは、ちょいと違いますかね^^;

HEIZO さん

あら?HEIZO さんもカメラオヤジでしたか。^^;;
雨線を写すのがなかなか難しいです。スローシャッターにしてしまうと,路面の水溜まりの波紋が写らなくなって。

まあ,道楽なので,難しい方が面白いんですけどね。^^;

マコリン

懸案事項山積みのようで大変なご様子。全ては時の流れが解決してくれるかと。^^;

魚眼レンズは欲しいのですが,...先に立つものも,後に倒れるものとてなく,..。ww
素人オヤジの道楽なので,基本が何もわかってはいないのですけど。w

もしかしたら,雨線を綺麗に写すには,ライティングが必要なのかも知れません。

おおきな葉っぱについた雨粒を画面の一部に入れるとか、
濡れた構造物と一緒に撮影するとかでも雰囲気が出るんじゃないかと思います。逆光気味に光り物を雨に透かしても良さそうな気がします。私も色々トライしてみようかと思います(^^;;

Mさん

仰るような絵も入れてみましたが,如何なもんでしょうか?^^?
雨線が上手く写りませんね〜〜・・。雨線,水溜まりの同心円状の波紋なんかがキーかなと思ってました。
雨線と傘とかだと一発で認識なんでしょうけど。^^

リクエストにお応えして頂けたというか、なでら男さんも既にお試し済みだったんですね(^^)、雨を雨らしくとか、夜汽車をイメージ通りにとか、結構難しそうですね。葉っぱと水滴の写真は望遠気味で絞りを開けて背景をもっとぼかすとテーマが浮き上がって良いのでは、と思います(^^;;

Mさん

なるほど,次回に試してみます。p(^^)q

雨の写真に関しては,某所でモンスター級のレンズを用いた作品を観て,かなりの衝撃を受けまして,やっぱり,自転車遊びと違って,機材による部分がメチャクチャでかい道楽だなぁと改めて感じているところです。^^;

機材による言い訳が出来ないところで,試してみたいですね〜。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気06/18/13 | トップページ | 【書籍】奥右筆秘帳シリーズ全十二巻 »