2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 【習作】夕暮れの空と宵の明星 | トップページ | グランフォンド飯豊の準備作業 »

2013年6月 1日 (土曜日)

重さと運動と天気06/01/13

 起床は3時。場所はソファの上。あらら,.。昨夜は「鬼平犯科帳」のスペシャルを眺めていて寝落ちして,そのままだった。もったいないから活動開始。朝の体重は 74.5kg とどうにもこうにも,..。

 ふと思い付いて,斜平山山頂の愛宕神社からの朝日の写真でも撮ってみよう!と機材を車に積み込んで,早朝からハイテンションでゴー。実は,マウンテンバイクとザックという組み合わせもチラッと浮かんだのだが,思い付いた時間からでは,到底間に合わないので,そのアイディアは即却下。

 地蔵園から急な山道を登り詰めると,軽トラのおじさんが既にでかい三脚立てて,スタンバッテいた。誰かいるかもなぁと考えたのはビンゴ(笑)。隣に行き,いろいろとお話させて頂いた。高畠の方らしい。最近,ちょっとカメラから離れてたけど,先日,病院に行って医者と雑談した時に,この場所(愛宕神社)がいいと言われたとか。おじさんは,電子レリーズで時折シャッターを切りながら,こちらは,手持ちで時折シャッターを切りながらの会話。

DSC_1731.jpg

 もうすぐ奥羽山脈から朝日が顔を出すはず。日の出時刻は4時20分だが,山の分だけ遅れる。

DSC_1738.jpg

 きた〜〜〜〜〜〜!思わず,柏手を打ちそうになるぜ(笑)。何枚か撮影したが,レンズの性能が悪いのか,フレアとかゴーストが出てボツ。

DSC_1742.jpg

 すっかり太陽が出たので,興味の対象は別のところに。

DSC_1750.jpg

 望遠レンズを付けて,新奥の細道をちょっとテレビ塔の方に行って,育ってきた雑木を倒しながら西の方を見れば,おお,綺麗に飯豊山が見えていた。おじさんは,コンデジで撮影。山にもよく登っていたそうだが,歳を取って,あちこちが痛くなってきて,最近は登らなくなったと。でも,知り合いから山の話を聴くとまだ血が騒ぐとか言っていた。なかなかの道楽人である様子。新聞に掲載された,朝焼けに染まる散居集落の写真を見せて,「ここがどこかわかるか?」と訊くので,「多分,ドンデンユリ園辺りの寺の高台だと思う」と応えておいた。そんな写真をどこかで観たことがある。

DSC_1755.jpg

 神社の境内からちょっとだけ参道を降りた辺りから見える北の方角の,この景色も散居集落ではないかと思っているのだが。有識者からのコメントを願う(笑)。

DSC_1760.jpg

 すっかり太陽が昇ってしまったが,田んぼの水面に太陽が反射して,これはこれで何かいい感じだ。

DSC_1761.jpg

 上杉鷹山が雨乞いをしたと伝えられる愛宕神社。正月の厳冬期にスノーシュー付けて,ここまで来ると御利益があるとおじさんに説明(笑)。

 6時に近くなったので,おじさんとともに降り始める。楽しい時間をありがとうございました。降りは,裏側のジープロードを通り,御成山公園経由にする。その理由は,開けた場所から飯豊山が見えるから。

DSC_1762.jpg

 こんな感じ。サンマリーナの建物や綱木のダムなども見えている(よね?)

DSC_1767.jpg

 調子に乗ってアップにすると,些か品位に劣る(笑)

DSC_1791.jpg

 下山後に鉄風味を加えておく(笑)

nadera060113.jpg

 今朝の斜平山(笑)

 さて,本日は忙しい。9時から明日のグランフォンド飯豊のコース案内板の設置作業,その後夕方からワン公を動物病院に連れて行き,さらにその後弁慶で卒業生達と呑み会(呑まないけど)とイベント目白押しである。

« 【習作】夕暮れの空と宵の明星 | トップページ | グランフォンド飯豊の準備作業 »

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【習作】夕暮れの空と宵の明星 | トップページ | グランフォンド飯豊の準備作業 »