2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« BRM525東京200十和田(その3) | トップページ | 重さと運動と天気05/27/13 »

2013年5月26日 (日曜日)

BRM525東京200十和田(翌日編)

 翌日は朝5時半に起床。不思議と疲労感はなし。今日も 200km 程度なら走れそうだ。チェックアウトまでの時間を使って,回復走代わりに近場を走りたかったので,昨夜,FaceBook に質問を投げていたら,大谷さんから,「種差海岸に行け!」とのミッションが出た。昨夜,これも考えたのだが,どの程度の距離があるのかわからなかったので,どうしようか迷っていたのだった。iPhone 使って調べれば調べられるのだが,..面倒臭い(笑)。

 6時半頃にホテルの朝飯にありつこうかとロビーに降りれば,そこは高校生達の食堂になっていた。お揃いのジャージには「木造高校」と。何の競技か,興味もなかったので訊きもしなかったが,八戸辺りで試合か何かあるらしい。片隅で食事して,7時頃から準備を始める。ジャージ,レーパンはほぼ乾いていた。種差海岸まではおおよそ 15 - 16km ほど。2時間あれば余裕で行って帰ってこられるだろう。

 7時半前には自転車に跨がったが,GARMIN のナビ機能の使い方がよくわからずに15分ほどロス。出たのは7時半過ぎ。だが,まだ,余裕だろうという気持ちは変わらず。

 ナビに従って走り出したが,日曜の早い時間なのに,なんだよ,この交通量と信号の多さは,..。30分走ったが,10キロも進まない。頻繁に信号で引っ掛かるし,交通量が多いし,さらにイライラに拍車を掛けたのが,これ!

DSC07171.JPG

 自転車の走行ライン上に嫌がらせのように現れるグレーチング。しかも,舗装を重ねたところなどは,盛り上がりの段差が酷く,避けるために車道側に膨らまざるを得ない。後方を確認しつつ走るが,どこにでもいるクソドライバーにイライラ感は募る。30分ほども走って,そのあまりの走行グロススピードの低さに嫌気が差して,さらに,ガスっている空を見て,これでは海岸に着いても眺望は望めないと考えると,種差海岸まで行こうというモチベーションは春の淡雪の如くに,..(泣)。潔くUターンした。来年の宿題が出来たな(笑)。

DSC07175.JPG

 意外にアップダウンが多い街である。

DSC07176.JPG

 八戸も2年前の3月に大分痛めつけられた。これは,耐震の送水管らしい。

 8時半にはホテルに戻った。約1時間,走行距離は15〜16キロほど。なんじゃ,そりゃ?って感じ。50キロくらい走りたかったな。でも,まあ,ほんのちょっとの回復走にはなったか。帰る途中で,輪行袋を担いで駅に向って歩く,昨日の参加者がいた。軽く会釈してご挨拶。

 片付けして,シャワー浴びて,9時半過ぎにチェックアウト。自転車を袋に詰めて八戸駅に。駅の書店で文庫を,土産物屋で実家+αの土産を調達して,ミッション終了。以前なら,休日の旅先の朝の正しい過ごし方(ビール,ワイン,日本酒,ウィスキーなど)をぶちかましたところだが,今回は文庫のページを繰りながら大人しくコーヒーを啜る。オレも大人になったものよのぉ〜〜・・・

DSC07180.JPG

 関係各位の皆様,おめでとうございます。

IMG_2734.jpg

 今日は,しっかりと袋詰め(笑)。

DSC07182.JPG

 来ました。10時58分発の「はやて」。

IMG_2735.jpg

 朝飯を食ったのに,もう,腹が減ってきた。ブルベ腹?

IMG_2736.jpg

 美味し!600円なり。なかなかのコストパフォーマンスであった。

 12時半前に仙台着。東北本線の普通列車で大河原へ。大河原で女房の車に拾ってもらう。遊びと実家詣でを両立させるのは,これはこれで大変だ。実家には,妹夫婦も来ていたので,多めに買ってあった土産を渡してミッションコンプリートである。

 その後は,老夫婦と四方山話に花を咲かせてウダウダと過ごして,4時頃に実家を辞去。6時頃には無事に帰宅した。

DSC07183.JPG

 トラブルなく走ってくれた NAKAGAWA に感謝。こいつにも八甲田の風を当ててやれた。

----------------

 就寝前にローラー40分,19km。勾配負荷2%,ケイデンス 85 - 95rpm で。

 今日ロード&ローラー 35km,今月 856km,今年 3567km

----------------

« BRM525東京200十和田(その3) | トップページ | 重さと運動と天気05/27/13 »

ブルベ・ロングライド」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

週末はお疲れ様でした。
連続参加者にも飽きさせない微妙なコース変更と開催時期を
1週間程ずらしましたが、如何でしたでしょうか?
確かにリピーターは少なかったのですが
地元青森の参加者が前年の0から8名へと増え、ブルべの認知度も
徐々に高まってきたのかな~と思えるブルべになりました。
来年は一旦お休みするかも知れませんが
再来年には伝説の絶景ブルべとしてまた復活できればと思います。
またの機会がありましたら唯一の皆勤賞を目指して
何も出ませんがエントリーを宜しくお願い致します(笑)

Bongo さん

今年も大変お世話になりました。最初のトンネルの丘越えは,昨年の国道走行に比べれば遥かに快適でした。
青森は増えたようですが,意外に秋田からはほとんどいなかったような,..。なにか理由があるんでしょうか?
愛好者は沢山いらっしゃると思うんですが,..。

次回,確約は出来ませんが,前向きに検討いたします。^^;
翌日,種差海岸に行きそびれたのが,心残りでして。^^;

やっぱり、十和田は良いですねえ。この季節が一番かな?
一度は行って見たいとは思ってますが、なにしろ、行くまでが難点ですねえ。
新幹線は速いけど高いし。
ブログを拝見させていただいて、行った気になったのでまあいっか。(笑)

ふつうのパパさん

そうですねぇ,錦秋の頃もいいですが,個人的には,生命力みたいなものにあふれる今の時季が好きです。
遠征費用はたしかに頭が痛いですね。3人くらい集まれば,車を使えば大分安く上がりますが。
パパさん,いっそのこと自走とか?(笑)

来年はどうかわかりませんが,近いうちにまたやると思いますので,その時には是非!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BRM525東京200十和田(その3) | トップページ | 重さと運動と天気05/27/13 »