2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気05/08/13 | トップページ | 重さと運動と天気05/10/13 »

2013年5月 9日 (木曜日)

重さと運動と天気05/09/13

 起床は5時過ぎ。寝過ごした。外はなにやら素晴らしい天気の様子。朝の体重は 75.0kg となにやら増加。おかしいなぁ。今日は親父の診察の付添で宮城県大河原の病院まで出かけなければならない。時間がないので,ワン公連れて軽く歩こうと思ったら,こいつが歩きたがらないので,仕方ないので,イヌ抜きでカメラ2台(Nikon F3, Nikon D3200)ぶら下げて踏み切りまで。

 なかなか素晴らしい景色で,一気に白黒フィルムを消費してしまい,今日の実家からの帰りにラボに出してしまいたい。

DSC_0978.jpg

 春である。田んぼでの農作業と西吾妻の「白馬の騎士」のコラボ。

DSC_0980.jpg

 最近,鉄分に飛んだ画像が,たしかに多いようには思う,..こうして私は「鉄」になった,..なんてな(笑)。

DSC_0982.jpg

 なるほど,鉄分満載である。

DSC_0985.jpg

 祝瓶山,大朝日岳が,これだけクッキリ見える日も珍しい。

DSC_0987.jpg

 残雪の大朝日岳と農作業のコラボ。

なんで,こんなときにデジイチが手元にないんだ,..:

 6時半前には自宅をスタート。8時過ぎには実家に着いて,両親乗せて病院に8時半頃までに入らねばならないらしい・なので,そんな(撮影の)時間もチャンスもなかろうと,デジタル一眼レフは置いてきたのだが,これが一大痛恨事だった。なぜなら,..

DSC06843.JPG

 高畠辺りでの景色(クリックで拡大)。西吾妻,栂峰,飯豊,朝日連峰などなど,全て丸っとお見通し(笑)。

DSC06844.JPG

DSC06845.JPG

DSC06847.JPG

DSC06848.JPG

 周囲の残雪の山々がクッキリと見えていた。

DSC06851.JPG

 二井宿の第1トンネルと第2トンネルの間からは,こんな素晴らしい景色が,..。デジイチがあれば,..。

親父の確定診断:

 ヤレヤレという気分で8時ちょっと過ぎに実家到着。直ぐに両親乗せて県南中核病院へ。病院は朝から大繁盛である。採血のところでは,50人からの待ち行列が。9時頃にようやく採血。血液検査の結果が出るまで,外来で待つ。退屈な時間。現在は,医療ミスをなくすために患者に氏名と生年月日を訊ねて本人確認をしているが,氏名と生年月日が全く同じがいる確率ってどの程度かな?などというしょうもないことを考えつつ時間を潰す。

 10時過ぎに診察室に呼ばれる。で,医師から告げられたのは「膵癌」だった。先だっての入院時に胆道にステントを設置した際に,膵臓の部分の擦過細胞診を行った。その結果が「悪性,腺癌」というもの。で,親父の場合,他にもいろいろと問題を抱えていて,手術,抗がん剤ともに適用外。今後は,「癌よ,ゆっくりと進行してくれ!」という願いとともに,進行とともに生じる痛みや他の症状などに,その都度対処していくことにしましょうということになった。

 親父の「オレも,終わったか」というつぶやきが辛い。先月に黄疸が出て入院する前は,ちょっとした小康状態になり,鉢植えのサツキをいじるためにあれこれと準備したりしていたのだ。そうしたことが無駄になったという思いだったろう。「もう,植木に水をかけなくてもいい」とまで言い出した。「誰でも,いつかは死ぬんだから,動けるうちはきちんと世話をしろ」とは言ってはみたものの,気持ちはよくわかる。落ち込み気味の親父のために,今日は泊まって明日にでも帰れればよかったのだが,生憎明日は朝一で講義があり,さらに,今日中に片付けなければならない仕事もある。

 実家で3人で昼飯を食ってから,実家を辞去。猛烈な眠気と闘いながら,時々道端に停車して,ブルベ的短時間意識飛ばしを数回繰り返して3時少し前に米沢入り。

ああ,フィルムカメラは消え去る運命か,...:

 自宅に帰る前にキタムラに立ち寄り,今朝撮影したフィルムを現像に出す。白黒フィルムである。同時プリントは必要ないから,フィルムをスキャンして CD-ROM に入れてくれと言うと,「カラーではそのサービスを行っているが,白黒でできるか訊いてみる」と。返ってきた応えは,驚くべきものだった。「1コマ,230円」@o@/// オイオイ,じゃ,36コマなら,8280円かい!?@o@/// しかも,現像代がカラーよりも高い893円。ひょっとして,人間が一本一本現像してるのか?あまりのフィルムの苛められっぷりに涙がこぼれた(ウソ)。店員が,別の現像所で訊ねてくれたところ,そっちはフィルム一本で735円だった。もっとも,大伸ばしには耐えられないとか。画像を確認するためのデータがあれば十分なので,二軒目に訊いてもらったところに依頼する。それにしても,合わせて,1600円強とは,..。そして,出来上がりは17日になるとか,..。白黒なら自分で現像して,画像をルーペで確認して,これならと思うものを高詳細のスキャナで取り込んでもらうというのがいいのかも知れない。それにしても,フィルムカメラの世界でも,昭和は遠くなりにけりだ。

 久しぶりにフィルムの現像してみるか〜〜〜〜・・・。現像タンクとか全て買い直しだけど,売ってるのかな?そういや,引き伸ばし機の電球も今は手に入らないとか言ってたような,..。フィルムスキャナはどうなのかなぁ?と思っていたら,こんなページがあった。これは参考になる。フィルムさえ無くならなければ,現像は自分で出来るので,あとはフィルムスキャナがあればなんとかなりそうだ。しかし,こんなに金と手間をかけて,フィルムカメラで写真を撮る意義って,..とかは考えてはいけないんだな,きっと(笑)。

« 重さと運動と天気05/08/13 | トップページ | 重さと運動と天気05/10/13 »

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気05/08/13 | トップページ | 重さと運動と天気05/10/13 »