2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 新緑と山桜の共演(阿武隈の丘陵地帯サイクリング) | トップページ | 重さと運動と天気05/05/13 »

2013年5月 4日 (土曜日)

重さと運動と天気05/04/13

 起床は5時過ぎ。走った翌朝は決まって少し早い時間に目が覚める。外は晴れ。ようやく,少し天気が良くなってきたようだ。朝の体重は 74.6kg と疲労で浮腫んだようだ。昨夜は,夕食後に原因不明の下痢。お腹が空っぽになったら治まったが,..。何が原因だったのか不明。

 ワン公連れて散歩へ。5時頃には結構冷え込んだようだが,7時前には少し気温が上がったようだ。昨日に比べると,風はないし,あっても身をすくめたくなるような冷たさはない。

DSC_0702.jpg

 スキー場付近は軽く降った様子だ。GW 過ぎてもしばらくの間,滑走可能だと思われる。

DSC_0703.jpg

 テレビ塔直下はまだ新緑という訳には行かないようだ。

DSC_0704.jpg

 そして,米坂線は走る。

DSC_0705.jpg

 ,..走る。

DSC_0706.jpg

 斜平山のイベント。

 午前中はのんびりとテレビ眺めたり,女房からの家事関連リクエストに渋々応じたり(笑)。午後からは,斜平山にカタクリを眺めに行った。「カタクリ祭り」というイベントなんだが。勝手知ったる山道をグルッと回って,展望台などを経由して群生地に着いたが,今年は低温のせいか,まだ全然咲いておらず,いつものように地面が紫に見えるほどにはなっていなかった。コシアブラの芽も期待していたのだが,まだまだというところ。

DSC_0720.jpg

DSC_0745.jpg

DSC_0756.jpg

 液晶モニタが動かせるタイプ(バリアングルとかいうんだっけ?)ではないので,低い位置の被写体には苦労する。上の2枚は枯れ葉の上に腹ばいになって撮影。天気が悪いときにはどうすりゃいいんだ?なんか,ミラーのようなものを工夫してみるかな。

 軽く汗をかいての,約2時間の里山散策を楽しんだ。3時頃に帰宅して,5時頃まで撮影データの処理などして,その後,ちょいと買い出しにコマツ書店に。この間にご近所に救急車などが来て,どうやら知り合いのおじいさんの様子。

IMG_2658.jpg

 司馬遼太郎の「街道をゆく」シリーズを補充した。そして,帰宅すると,救急車が来ていたお宅前にパトカー。あれ?と思い,隣のお宅から出てこられたおばあさんに訊けば,おじいさんが亡くなられたとか。ご自宅でお一人でいるときに亡くなられた様子で,結局救急車で搬送はしなかったらしい。自宅で亡くなると警察案件になる。しばらくすると,我が家にも警官が来て,いろいろと訊いて行った。ご近所関係,親子関係,最近近所で事件などがあったかどうかなど,..。つい数日前も散歩の帰りに道端で立ち話をしたばかりだったが,..。いやはや,人生の幕引きがいつ来るのかわからないものだ。

 夜は,ちょっと思い付いて「夜の米坂線」なんてものを,...

DSC_0809.jpg

 露出が全然わからず,まずは失敗。もっとシャッタースピードを速く出来るな。その後は,友人と星野写真の撮影に。友人が持っている赤道儀を試用させてもらった。生憎,雲が張り出してコンディションは悪かったが,2分露光の威力をまざまざと実感。これは是非とも簡易赤道儀を入手せねばならん。

DSC_0818.jpg

Nikon D3200, 32mm, f = 5.6, 136 s, ISO 400, AWB, RAW, 拡散フィルター,自動追尾

 常用の 18mm は雲が画角に入ってしまうために使えず。なので,構図などは全くダメダメである。しかし,肉眼で観た空の様子に比べて,圧倒的に星の数が多い。さらに,かみのけ座の左に流星も写っている。120秒程度までなら,北極星に極軸を合わせる程度でもズレはほぼ無視できる。う〜む,赤道儀が欲しい,..。

 明日はどうしようかと考えつつ,借りていた DVD を観なければと,深夜まで DVD 観賞。就寝は3時。

« 新緑と山桜の共演(阿武隈の丘陵地帯サイクリング) | トップページ | 重さと運動と天気05/05/13 »

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

星空撮影には「赤道儀」は必携でしょうね。 流れ星がうまく入ってますね~(^^)v

へばなさん

赤道儀は必須です。その必須条件を満たすために「必須なもの」が不足しております(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新緑と山桜の共演(阿武隈の丘陵地帯サイクリング) | トップページ | 重さと運動と天気05/05/13 »