2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 【デジカメ】SONY Cyber-shot DSC-TX10 | トップページ | 【習作】満月(近く)は難しい »

2013年4月25日 (木曜日)

重さと運動と天気04/25/13

 起床は4時半過ぎ。場所は実家。なにしろ,この家,強い風が吹くと寝ている顔をそよ風が撫でて行くという素晴らしい環境(笑)。お袋は,既に起きて散歩しているようだ。朝の体重はわからず。昨夜は10時半頃には寝たので,スッキリしているはずが2時頃に一旦目覚めて(腰が痛くて),それからウトウトしたり目覚めたりを繰り返す。

 朝飯食って,5時半過ぎには出ようと思ったが,お茶など飲みつつなんやかやと話をしてると遅くなった。実家を出たのは6時20分頃か。外はいい天気なので,折角だから,のんびりと写真など撮影しつつ移動しよう。実は,ちょいと撮ってみたいものがあるのだ。

DSC06649.JPG

 犬卒都婆の手前辺りでは,蔵王が綺麗に見えていた。

 七ケ宿ダムの湖畔公園の辺りの桜を期待していたのだが,生憎満開とはいかず,さらに,桜の木々の花密度(?)が小さい。しかも,ソメイヨシノは白っぽ過ぎて,今一つ感動に欠ける。ということで,立ち止まらずにスルー。

 撮りたかった一つはこれ,...

DSC_0215.jpg

 関の地蔵である(クリックで拡大)。秋田の佐竹候がモデルと言われているが,..。滑津宿の「振袖地蔵」と対を成すらしい。

DSC_0214.jpg

 なかなか,どっしりとしたいいお顔である(クリックで拡大)。

DSC_0216.jpg

 花なども抱えている(クリックで拡大)。ちょっと微笑んでいるようにも見える。

 さて,次は,これ,...

DSC_0217.jpg

 振袖地蔵(クリックで拡大)。参勤交代の折りに,秋田の佐竹候が見初めた美しい村娘。秋田への帰りに国元に連れて帰ろうと考えていたが,江戸から戻ると娘は病で亡くなっていた。娘を不憫に思った佐竹候が寄進したと伝えられる。そういう訳で,関の地蔵と対を成すと言われている。

DSC_0218.jpg

 どこか,ホッとする顔立ちである(クリックで拡大)

DSC_0219.jpg

 今まで気が付かなかったが,パール(もどきと思うが)のネックレスなどもしている(クリックで拡大)

 ついでに,この先の滑津大滝にも立ち寄ろう。

DSC_0220.jpg

DSC_0221.jpg

 ちょっとシャッタースピードを変えてみたが,どっちがいいだろうか?個人的には上なんだが,..。

 さらに,ついでに旧羽州街道の追い分けにも立ち寄った。まずは,解説など読んで頂こう(クリックで拡大)。

DSC_0233.jpg

 で,正面から見ると,...

DSC_0232.jpg

 向って左の面には,...

DSC_0229.jpg

「左ハ 米さわ海道」とある。二井宿峠を越えて米沢に向う道である。そして,右側には,...

DSC_0230.jpg

「右ハ もかみ海道」とある。金山峠を越えて楢下宿を通って,最上から秋田,青森へと続く。

 ついでなので,間宿(あいのしゅく:宿場と宿場の間の休憩所)干蒲(ひかば)のところの地蔵様も眺めて行こう。

DSC_0226.jpg

 顔の部分を覆ったような不思議な地蔵が並んでいる(クリックで拡大)。こんなものがあると,ググると故事来歴が芋づる式に出てくるのだが,なぜか「地蔵がある」程度の話しか引っ掛からない。この拙ブログの読者で,なにかご存知の方がおられれば教えて頂ければ有り難い。

DSC_0227.jpg

 昔,どこかで何か読んだような気がするのだが,どこで,何を読んだのか,全く覚えていないという体たらく。

 さらに,ついでに誰もいないミズバショウの群生地を駆け足で回るかと思ったが,さすがに時間がなくなってきた。なので,ミズバショウはスルー。結局,2時間ちょっとほども掛かって自宅着。バタバタと支度して,出勤。

 学会関連の雑務をこなし(メールの数が尋常ではない),さらに,講義準備をして,レポートの集計などしていると夕方に。いやはや,時間の経つのはなんと早いことよ。

« 【デジカメ】SONY Cyber-shot DSC-TX10 | トップページ | 【習作】満月(近く)は難しい »

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【デジカメ】SONY Cyber-shot DSC-TX10 | トップページ | 【習作】満月(近く)は難しい »