2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 大阪城 | トップページ | 【書籍】旅をする木 »

2013年3月18日 (月曜日)

【書籍】奔る合戦屋

 少しだけ間が空いてしまったが,出張中に下巻も読了。下巻の最後の方では,不覚にも落涙する始末。最近,泣ける本に出会う確率が高い。あるいは,ジジイとなって,涙腺が緩くなったのか。

book1.jpg

 北沢秋の「哄う合戦屋」に至るまでの話である。「哄う・・」からは時間的に遡る。石堂一徹の前半生である。なので,これを読んで,「哄う・・:を読むという順番でも愉しめるはず。

 文系人間ではないせいか,頭の中に渦巻く感情を巧く文章で表現できない。でも,「正しく生きる」ということは,こういうことなんだろうなと教えてくれる作品だと思う。ききょうやさんによれば,「哄う・・」の続編(なんで,あのラストで「哄う・・」に続編があるのかよくわからないが)である「翔る合戦屋」は,ちょっと,..という評価であるが,ここまで来たら,読むしかあるまい。明日からの検査入院中に読んでみよう。

IMG_2399.jpg

« 大阪城 | トップページ | 【書籍】旅をする木 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪城 | トップページ | 【書籍】旅をする木 »