2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 検査入院・二日目(ERCP検査) | トップページ | 卒業祝賀会 at 弁慶 »

2013年3月20日 (水曜日)

検査入院・三日目

 幸い,お腹痛いとかの症状はなく,検査後の経過は順調らしい。体温,血圧ともに異常なし。検査時の鎮静剤のせいか,昨夜は6時頃から延々と眠ったり目覚めたりを繰り返した。3時半頃に点滴パックがブドウ糖入のものに交換され,これが終われば,この鬱陶しいチューブ生活ともおさらばかなと思ったのだが,...とんでもない話であった。

 朝6時半頃に,カチャカチャと機材音を鳴らしつつ看護師登場。採血である。アンタは吸血鬼か(笑)。血圧,体温ともに正常。ガスは出てますか?と訊かれるが,固形物を食ってない状態ではほとんどでない。もちろんでない訳ではないので,「それなりに」と回答。オシッコの量も水分量が少ないので当然少なめ。

 9時半頃にブドウ糖の点滴終了。ナースコールすると,ちょいと見目麗しい方が点滴パック2つ持参した。朝方に検温と血圧測定してくれた看護師の方に訊けば,あと点滴は3本あるとか,...。まさか,ウソだろう?と思ったので,ここでも訊いてみれば,...本当だった。○| ̄|_

IMG_2421.jpg

IMG_2422.jpg

 はいっ,お代わり!!(笑)500cc のパックはこれで5本目。うち4本がこの電解質輸液,残り1本はブドウ糖の入った奴。それぞれ,カロリーは 80kcal, 200kcal らしい。そして,小さな奴が抗生剤。これで3本目。他に検査中,検査後に入れた奴もあり,小さな奴も5本目かな? もう,よく覚えていないが,自分自身の記録である。それにしても,小規模な外科手術並の対応が必要な「検査」であることがわかった。もちろん,病院によって進め方に多少の違いはあるだろうが,これくらい用心してやってもらえる方が患者側としては嬉しい。この病院の膵臓胆嚢系(山大グループらしい)は優秀だという噂である。

 朝採血した血液の検査結果次第で,昼から経口食が出るようだ。最初はお粥みたいなものかな?

 ..と期待したけど,明日の朝まで無理だそうで(泣)。さらに,膵臓系の薬を追加される始末。やはり,それなりにダメージでかかったのか。

 午後2時頃に女房来る。着替えを手伝ってもらう。点滴ラインが繋がっているので,袖の抜き入れが面倒臭い。

 2時半頃に担当医が説明に来た。初めてお会いしたときから,なかなか説明も明解で正直そうで好印象の医師。

DSC06306.JPG

 こんな図面を描いて説明してくれた。詳しくは,書くのが面倒なので割愛するが,やはり,IPMN(膵管内乳頭粘液性腫瘍) らしい。加えて,どうも,なでら男の膵臓は少々奇形らしく,副乳頭非開口とか言っていた。しかし,検査の全容を聴けば,よくもまあ,そんなことまでできるもんだという内容。極細のワイヤーの先端に超音波プローブが付いていて,膵管の奥まで,数ミリ刻みに超音波像を得たとか。で,主膵管の出口である,主乳頭からガイドワイヤーを入れて,そこから副膵管に入れて,180度ターンして,副膵管の内側から副乳頭にアクセスしたとか,副膵管の太くなっている部分から膵液と細胞を採取したとか。う〜む,現代医学,恐るべし。

 で,細胞の検査結果が出るまでは何とも言えないが,経験上,悪性ではなかろう。でも,この状態だと経過観察が必要です。で,もしも,大きくなるようなら手術適用かどうかまた同じ検査をするとか。参考までに,この部位の手術に関して国手は誰か?と訊いたら,う〜む,この手の病気に関して有名なのは山大の外科の**教授ですけど,手術の手技となると,..と言葉を濁された。正直者やな(笑)。

 血液検査の結果を訊いたところ,膵臓アミラーゼの昨日の検査2時間後の値が 50 程度で,今朝の値が 80 程度と上がったらしい。正常値が 60 程度らしく,膵炎とまではいかないものの,かなりいじったので,そのダメージだろうとのこと,念のために,明日の朝まで絶食。これで,目出度く,60時間以上固形物を口に入れられないようだ。離乳食以来,初めての体験だろうな(笑)。

#知り合いの医師によれば,それだけいじって,アミラーゼの上昇がその程度とは,かなりの名医だとのこと。

 どうも,話を伺っていると,やはり,これはこれまでの過度の飲酒が一つの原因ではないかと思われる。ここ何年か,深酒が数日続くとお腹が張ったような感じがしていた。訊けば,酒を呑むと膵液は濃くなるらしく,濃くなれば当然粘度やら流動抵抗も増えるだろうし,そうなると,もしも流れが悪いところがあれば,そこに滞留して,嚢胞などの原因になるようなこともあろう。酒はあまり呑まない方がいいらしい。肝臓よりもむしろ膵臓にダメージを与えていたのかも知れん。

DSC06307.JPG

 そんなこんなで,こんな状態で過ごしておりまする。点滴は既に30時間を越えている。ヤレヤレ〜〜〜・・

 さすがに,身体に力が入らないような感じになってきている。仕方ないと言えば,仕方ないが,..。これで明日の朝の血液検査の結果が問題なければ,目出度く出所だ(そうは問屋が卸さなかった)。そして,今月末か来月初めに細胞診の結果を聴けば,善くも悪くも,「膵臓騒動」は一段落である。

« 検査入院・二日目(ERCP検査) | トップページ | 卒業祝賀会 at 弁慶 »

病気」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

早くも3日がたちましたか。 検査でも、入院してるだけで気がめいりますよね(^_^;)

でも、絶食&禁酒で、かなり健康体になられたのではないでしょうか? 出所したら「禁酒」続けるんですか? (^_^)

入院は気が滅入りますね、私も経験有りますが普段考えないような事とか頭に浮かんできてイラつきました。 悪の誘いかもしれませんが来月はブルベ楽しみましょう。(^O^)

へばなさん

難儀ですわ〜〜〜・・。退屈ですわ〜〜〜〜・・。ヽ(´_`;)丿
出所してら,断酒かも知れんのですわ〜〜〜・・悲し〜〜〜〜。。(´д`;)

???さん(もしかして,pokky 氏?)

ブルベは最後尾をヨタヨタと走る積もりです。よろしく〜〜〜・・。^^;

すんません、pokkyでした。  ボケとる。 (´_`;)丿

pokky さん

あ,やっぱり。ココログには,名前だけ必須という設定がないんですよ。
メールアドレスと名前必須というのはあるんですけど,アドレスなんて誰も入れたがらないですものね。^^;

あ,ところで,BM413, 414 は連チャンで走る積もりですが,pokky さんは? 二人以上だとサイクリングターミナルに宿泊できますけど。

お心使い有難うございます。

両方出たかったのですが残念ながら413の方がすぐいっぱいになってエントリー峠越えられませんでした。(^^;ヽ

414は当日早く米沢発の作戦で行こうかと考えてます。  

pokky  さん

あ,そうか。こっちは賛助会員なので,エントリー峠とかは宇都宮に関しては全くないので。そんな盛況でしたか。
了解です。どこか探してみます。あ,それとも,宇都宮のスタッフが泊まるのかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 検査入院・二日目(ERCP検査) | トップページ | 卒業祝賀会 at 弁慶 »