2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 初詣 | トップページ | 重さと運動と天気01/04/13【雪との格闘編・その2】 »

2013年1月 3日 (木曜日)

重さと運動と天気01/03/13【雪との格闘編・その1】

 起床は6時半。除雪車の作業音がやかましく,早い時間から覚醒と入眠を繰り返す朝。20cm ほども積っただろうか。外は当然吹雪なり。今日の予想最高気温はー4℃とか。朝から決めたことは「今日は引き篭もり!」である。朝の体重は 77.8kg と高値安定。これを6月までに10キロ落とそう。出来ぬことは口にせぬがよいとは,死んだ爺さんの口癖だったが,口にしてもしなくても結果は同じなら,ネタ的には口にした方が面白かろう。

DSC05109.JPG

 先日ほどではないが,隣家の壁や窓に雪がへばりついている。やれやれ,...。

雪かきハイ:

 朝飯前に雪かき,1時間半。汗まみれで,カーポート前と車庫脇の雪を運ぶ。

DSC05110.JPG

 道の脇の雪の山から眺めてみた(クリックで拡大)。日本海から上がった水蒸気に大陸からの寒気がぶつかった結果である。で,ここで水分を全て落として,奥羽山脈を越えて,太平洋側に晴天と乾いた空気をもたらす。冬の気象はかくも不公平だ。そもそも,日本海側,特に北陸から東北に住んでいるのは,日本の全人口のほんの2〜3割くらいとか(未確認情報)。さもありなん。

 朝飯食って,駅伝観ながらマッタリして,昼頃から再び雪かき。さっき綺麗にした場所に既に積雪 10cm オーバー。さっきかいた汗は何だったのか?賽の河原の石積にも似た虚しい行為を,またしても1時間強。今度は勢いが付いて,車庫の西側の屋根から雪が落ちるところに手を付けた。なんか,「雪かきハイ」とでもいうような状態になって,延々と作業を続ける。再び,汗まみれの爽快感と綺麗に雪が片付いた達成感にしばしの満足を味わう。

 (ビール呑みながら)昼飯食って,またしてもマッタリと,大晦日に録画した「笑ってはいけない」などを眺めつつ,ウケケケケ,..と笑いつつ,夕方になって,三度の雪かき。なにしろ,除雪車が通過したのだ。ここまで少しずつ,人力作業で雪山に付けた雪捨て用の小路を圧倒的な重機パワーが破壊して行く。ああ〜〜と思いつつ,除雪車が通り過ぎた後の作業を始める。幸い,置き土産はなし。今度は長男も手伝ってくれたので,30分弱で終了。汗もほとんどかかず。作業中もその後もゆきはまだんなくふりおつ

 流石に,一日3時間ほどもスノーダンプを押し続けると,腰と肩周りと腕に疲労感がまとわりつく感じ。夕食前にローラーを踏もうかどうしようかと真面目に思案したくなるほどに,..。

« 初詣 | トップページ | 重さと運動と天気01/04/13【雪との格闘編・その2】 »

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初詣 | トップページ | 重さと運動と天気01/04/13【雪との格闘編・その2】 »