2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気12/2/12 | トップページ | 重さと運動と天気12/3/12 »

2012年12月 2日 (日曜日)

随分と久しぶりの松坂峠と段田原峠

 10時少し前に,飯坂温泉近くのセブンイレブンからスタート。流石に寒い。気温は1℃前後か。ウェアは,下はレーパンとレッグウォーマ,上は半袖インナーと長袖のヒートテックに,パールのプレミアムウィンドブレークジャケット,さらにグローブもプレミアムウィンドブレークと真冬の装束。足は SIDI のゴアのウィンターシューズ。これだと,シューズカバーはよほどの気温(ー5℃くらい)でもなければ不要だ。補給としてジャージのポケットに入れたものは,セブンイレブンで買った豆大福一つのみ。

 飯坂温泉を通り,福島ー桑折線のいつものコースを通り,国見まで。途中,やたらにウォームアップ風のジョギングしている若いのがいるなぁと思っていたら,伊達地方一周の駅伝大会だとか。自分の走るコース沿いに,3箇所くらい中継所があった。中継所の写真を撮ろうと,ジャージのポケットに手を伸ばせば,「あれ?デジカメがない?」。車の中に忘れてきたらしい。仕方なく iPhone での撮影になったが,一々グローブを外さなくてはならず,面倒なことこの上ない。そんな訳で写真は少ない。

まずは,松坂峠へ:

 走り出しは寒かったが,そのうちフロントファスナーとベンチレータをほぼ全開に。梁川大橋を渡った辺りでは,阿武隈急行のウォークイベントがあるらしく,沢山の老若男女がリュックを背に歩いていた。長閑やなぁ。

 大分,ヨワヨワな状態であるから,まずはベースを何とかしようという気持ちで,無理せずに7〜8割くらいを上限に走る。随分と久しぶりに白根の辺りを走るが,やはり,気分のいい道だ。車が少なく,とにかく走りやすい。

 松坂峠の登り口のガードレールが新しくなっていた。ここの峠は多分登り口の勾配が一番きつい。Garmin によれば,11 - 12% くらいか。もっとも,瞬間最大で,距離は全然大したこともないのだが。

 苦しくならない程度の負荷で登るが,恐れていたほどの劣化具合でもなさそうだ。今の体重だったら,以前にはもう少し苦しかったような気がする。山岳ブルベなどを繰り返しているうちに,少しはパワーみたいなものが身に付いたのかね?(あくまで当社比である)

 登りは流石に暑く,汗が滴り落ちる。標高が上がるにつれて,道端の雪が増えてくるが,アスファルトの上には雪は全く残っていない。途中,短い区間であるが,アスファルトを剥がして工事中の箇所が3箇所ほどあった。うっすらと雪を被った周囲の山々の景色を楽しみつつ,峠に到着。

IMG_1558.jpg

 とっとと筆甫側に下る。裏松坂峠は,ちょっと凍結の心配もしたが,問題なく走ることが出来た。猛烈に寒かったことを除いては(苦笑)。ただ,朝早いうちだと,路面が凍結している場所もあるかも知れない。これから先,平地でも雪がうっすらと積もるようなら,この辺りは要注意かも。もっとも,以前には,完全にアイスバーン状態になっていても,わざわざ走りに行って押して歩いたりしたので,雪が多少積もったくらいならどうということもない。

 筆甫を走っていると,前方にサイクリスト発見。「こんにちわ」と声を掛けて抜いてきたが,クロスバイクのようだった。

IMG_1559.jpg

 この辺り,阿武隈川支流の内川というらしいが,車もほとんど通らず,実にホノボノとした風景で大好きな場所である。川沿いの木々もすっかり葉を落とした今頃は,川の流れが見通せて,風景的にも実に宜しい(笑)。

 不動尊を過ぎてちょっと進むと,丸森の大銀杏がある。見れば,大分散ってしまっている様子。綺麗に色付く前に散ってしまったような感じで,ちょいと残念だ。

IMG_1561.jpg

次に,段田原峠へ:

 丸森の街中に入る手前の伊具高校のところから県道 101 に入る。ここも随分と久しぶりだ。この峠も,今の体重なら,もう少しきつく感じてもいいように思う。このまま,峠(という地名なのである)を越えて山舟生に降りるか,あるいは峠手前で左に入り,県道45に戻り,裏松坂をやっつけるかと考えながら走っていたが,「あ,そうだ。次郎太郎山を越えて阿武隈川河畔に降りてみるか」と思い付く。時間は,ギリギリでなんとかなりそうな感じだ。問題は,次郎太郎山の裏側の舗装林道の雪の状態だ。松坂峠よりも少し標高が高いし,ほとんど日の当たらない箇所も結構ある。う〜ん,どうすべぇ〜と考えながら,取りあえず,段田原峠に到着。

IMG_1563.jpg

 ちょっとの間思案。少し,時間に余裕も持って帰った方がいいかもなぁと思い直して,このままあぶくま駅の方に下ることに。平均斜度が 15% ほどある舗装林道を下り(あぶくま駅から次郎太郎山の電波塔直下までのクライムコースは比較的エグイ!),廻倉を経由して,羽出庭小学校脇を通り,兜橋を渡り,R349 へ。あとは,来たコースを帰り,飯坂を過ぎて,大笹生へ。そこから女房に電話して女房の実家まで行くことにする。午後2時半過ぎに到着。100km, 4時間40分,累積標高差 1200m と,今の時季の,現在のコンディションとしたらまあまあかなぁ。

 今日ロード 100km,今月 126km,今年 12988km

« 重さと運動と天気12/2/12 | トップページ | 重さと運動と天気12/3/12 »

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気12/2/12 | トップページ | 重さと運動と天気12/3/12 »