2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気12/8/12 | トップページ | 重さと運動と天気12/10/12【初の本格的降雪】 »

2012年12月 9日 (日曜日)

重さと運動と天気12/9/12【真冬日】

 起床は7時。外を伺うと積雪 10cm 未満か。除雪車は走らなかった様子。朝の体重は 78.3kg と最早なんの言い訳もコメントも無駄なり。もっとも,ダラダラ呑んで,寝落ちすると決まって1キロほど増量するので,そのせいでもあるんだろうけど。

DSC04841.JPG

 軽く雪かきしたら,なにか背中の脇の方の筋を痛めたみたいで,痛くて仕方がない状態に。例によって,覚悟のないウダウダした生活をした揚げ句に,..

 昼前にローラー62分,30km。勾配負荷3%,ケイデンス 85 - 95rpm で。

 今日ローラー 30km,今月 313km,今年 13175km

 午後からは,ちょいと小仕事。といっても,ちょっと数式を弄ってみたり,専門書を読み耽ったりしただけだけど,..。

解脱?(違:

 夕方に,塾に行っている子供を迎えに行くという女房に便乗して買い物にでも出ようかと思っていたが(シングルモルトを一本仕入れて来たかった),直前になって,なにかとてつもなく面倒な気分になって,自宅で留守番しつつ,小仕事を続けた。なんか,なにが呑みたいとか,あれが食いたいという気持ちがここ数年で激しく萎んできているような気がする。目の前に出されれば飲み食いするものの,自分から動いてそれらを求めることに際して「面倒臭い」と言う気分が先に立ち,それが飲み食いの欲に勝つようになってきた。自転車などに対する物欲もなくなった。あ,ちょっと「なくなった」というのとは少し違うか。その質が変わったと言うべきか。最先端材料のフレームとか最新テクノロジーを投入したパーツとかには一切興味が無くなって,むしろ,何十年と乗り続けられる,「本物」が欲しいなという気分になった。もちろん,先端機材が偽物という訳ではない。ただ,コンペティションという世界で自転車に乗るのでなければ,それほど高機能である必要もなかろうと思うのである。もちろん,余るほどの資力,あるいは途轍もない興味,そのどちらかがあるなら,その限りではないと思うけれども。

 夜になって,NHKスペシャルの「ヒマラヤ8000m峰全山登頂に挑む」というドキュメントを観た。登っている竹内氏も凄いが,それを撮影しているカメラマンも凄い。そして,竹内氏の口にする一言一句がなにか修業を積んだ高僧の口から出てくる言葉のように感じられる。やはり,孤独な闘いは,精神から無駄なものをこそげ落として行くのだろうか? できるかできないかわからないことをやるための戦略(と言ったような気がしたが)という氏の言葉に,600km ブルベを初めて走ったときのことを思い出した。正直,不安だし,怖くて仕方がなかったけど,自分なりに情報を集めて,出来る限り(その時点での)の準備をして望んだイベントだった。それにしても,竹内氏のこれ以降の目標ってのは何になるんだろう?

« 重さと運動と天気12/8/12 | トップページ | 重さと運動と天気12/10/12【初の本格的降雪】 »

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気12/8/12 | トップページ | 重さと運動と天気12/10/12【初の本格的降雪】 »