2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気11/21/12 | トップページ | 重さと運動と天気11/22/12 »

2012年11月21日 (水曜日)

お腹の上にジェルを塗りたくるプレイとかお尻の穴が熱くなるプレイなどを少々

 8時半頃に万全を期して(つまり,斎戒沐浴して,下着を新しいものに替えて)車で病院に乗り込んだ。予約は9時。その10分前には廊下の待合のベンチに座り,呼び出しを待ちつつ読書。読んでいたのは,これ。

IMG_1485.jpg

ききょうやさんのブログで紹介されていた。先日,本屋に顔出ししたときに発見したので抑えておいたもの。なかなか面白い。

 周囲を見渡せば,人間ドックのお客様多数。今の時季の人間ドックでは,病院着の上に羽織る丹前(旅館で浴衣の上に羽織るような奴)を貸してくれるようだ。で,そんな格好で爺さんバーさんが多数待合ベンチに座っているものだから,そこらの旅館の足湯にでも来ているような錯覚を起こした。

まずは,ジェルを塗りたくるプレイなど:

 9時10分にようやく呼ばれて,上半身裸でベッドに横になる。まだ,医者が来ていないらしい。この格好でウトウトしながら20分以上待たされた。ようやく来た医者は「待たせてご免ね」という挨拶もなく,なでら男のお腹の上にジェルをダボダボとかけて早速腹部超音波検査の開始。「大きく息吸って〜,楽にして〜・・」なんてことを十数回くらい返して,20分ほどで終了。終わったら,看護師に声掛けするでもなく,さっさと出て行く。なんだかなぁ〜〜・・。彼方此方がジェルでベタベタなので,ティッシュで拭きとって,そのティッシュを丸めて,医者の足下のクズカゴに叩き込んで部屋を出てきてやったぜ〜〜(笑)。検査の結果,やはり膵管が拡張しているとのこと。が,それがどんな理由なのかわからんので,次のプレイに進む。

お尻の穴とかが熱くなるプレイなど:

 さて,次は放射線科に出向いて生まれて初めての造影 CT である。なにやら,数万人に一人くらいは,造影剤でショック症状を起こすこともあるとか,数十万人に一人が死ぬとか。で,そうなっても構わないよという同意書にサインさせられた(いやいや,それなりに困るよ)。

 鉛の仕込まれた分厚い,重いドアで仕切られた小さな部屋で,まずは浴衣状の検査着に着替える。ついで,CT 室に入室。ほほお,これがその機械ですか。写真撮影する雰囲気ではなかったので,ちょっと他所から画像を拝借。

201211211605.jpg

 ちょうどこんな感じ。で,横になって,造影剤を静脈に注入するための血管確保で点滴をされる。多分,中身は生理食塩水だろう。台が持ち上がり,万歳した格好でドーナツの穴の中に運び込まれる。で,まずは造影剤なしで一遍ドーナツがお腹の上を通過。それから(多分)諸々の調整の後に,「造影剤を注入します。一気に注入するので,身体が熱くなりますが,それは副作用とかではありません。気分が悪くなったら言って下さい」と,しつこいくらいに念押しされる。X線の吸収率の高いヨード造影剤らしい。

 いよいよ,造影剤注入。見えないが,頭の上の方のところでポンプのようなものが作動したような音がした。なにしろ,80cc ほどの造影剤を一気に静脈に注入するのである。例えてみれば,自宅前の,チョロチョロと適当に流れている側溝に,でかい桶から水をザバーっと流し込んだようなものである。恐らくは,注入箇所の血管は拡張し,その結果周囲組織から圧力がかかり心臓に向かって流れ始めるのだろう。血管内の一部は,その中身が恐らくは造影剤オンリーの状態。わかりやすく言えば,チューブの中が,血液ー造影剤ー血液と液体が混じり合わないままに層状態になっていて,プラグ流状態で心臓に向かっていると思われる。そのまま心臓から各臓器へ造影剤は運ばれることになる。血液とは部分的に混合した高濃度状態で,..。

 注入後直ちに,..うん?上顎の咽の近くが熱い感じ,あらら,顔が一気に熱くなる,腕も熱くなる。おお,尻の穴の周りが熱いではないか。なんじゃこりゃ?と尻の穴をキュッとすぼめる。そんなことをやっていると,散々呑んだあとでいきなり立ち上がって起立性貧血を起こしたときのような気分の悪さを感じた。おお,こりゃ,このままショック状態で死ぬんじゃなかろうな?とか考えていたら,数秒で気分の悪さは治まった。が,尻の穴の熱さは継続中。そんな状態で,三回ほどドーナツリングがお腹の上を往復して撮影終了。そのままちょっとしてから部屋を出た。今日はセッセと水を飲んで,造影剤をオシッコで出してねと言われた。

 検査結果は来週の月曜日なり。また,あの医者と話すのかと思うとちょっとなぁ(苦笑)。重篤な不治の病とかだったら,さっさと仕事を辞めて,遊びの旅に出たいものだ。金はないけど(笑)。

 昼頃から職場に出向いたが,風邪薬を飲んだあとのような,口の中の渇きと,頭のぼんやり感。これを副作用といわずしてなんというのか,..。ヨード造影剤なるものがどんな分子構造なのか,興味津々,..。

 ググってみたら,こんなサイトが。さらに,こんなサイトも。フムフム,なるほどね。

« 重さと運動と天気11/21/12 | トップページ | 重さと運動と天気11/22/12 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

私も『空白の五マイル』を持ってこれから病院に行きます(笑)
読みやすい本ですぐ終わりそうです。

ききょうやさん

先日本屋に行ったら,たまたま見つけて入手しておきました。
まだ,最初の辺りですが,結構,文章が読みやすくて助かります。

こっちは,もう一発くらい検査が来そうな雰囲気です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気11/21/12 | トップページ | 重さと運動と天気11/22/12 »