2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気11/11/12 | トップページ | 重さと運動と天気11/12/12 »

2012年11月11日 (日曜日)

今期最後の樽口峠ツーリング

 @ma_korin 氏 @celluloseeater 氏とともに,今年最後の樽口峠からの飯豊山を眺めに行こうという企画。8時に米沢総合運動公園に集合とのこと。8時少し前に到着して Twitter を確認すれば,あらま,@ma_korin 氏は DNS で,@celluloseeater 氏は少し遅れるとのこと。では,お先にポタポタと先行することに。

 生憎の曇り空だが,ちょっと青空も覗いていて,天候はそれほど悪くはない。追い付いてくるまで,のんびりと走ろうと 20 - 25km/h でタラタラと進む。今日も NAKAGAWA だし,世の中を明るくすべく,ハブダイナモ駆動の匠光学を常時 ON である。

 菅沼峠をユルユルと登り切り,ピークで写真など撮っていると,cellulose氏(面倒なので,以後,こう呼ばせて頂く)登場。流石に登りは速い。

DSC04673.JPG

 紅葉は,そこそこ綺麗なものの,盛りを過ぎていることは否めない。藤原紀香みたいなものか。その心は「ちょっと前は,もっと綺麗だった」(笑:すみません)。

 白川ダムに近付けば,「おお,クッキリはっきり見えてるじゃないか〜〜!」と,..。今日,ここに来れたことに感謝。

DSC04675.JPG

いつものビューポイントから。ちょいと雲が掛かっている(クリックすると拡大)

DSC04679.JPG

中津川からも,飯豊の天辺がクッキリと,..。走りながらの撮影は水平度(?)が低くなりがち(笑)。

 中津川を走り,九才峠を越えて,叶水まで。今日は,極楽峠を越えて,大滝から百子沢峠を越えて,そのまま樽口峠に向かうことにしたので,叶水酒店のところを左折して新股へ。

DSC04681.JPG

新股辺りを走るのも久しぶり。って言っても,先月に逆方向に走ってはいるんだけど。極楽峠に向かう。

DSC04682.JPG

極楽峠を下るcellulose氏

 極楽峠というのは,ちょっと峠とは呼べないような感じのダラ〜ッと登って,ダラ〜ッと下る丘越えみたいなもの。極楽山というのがあるんだが,そこの山頂を巻くように通る道なのである。この極楽山という名前も以前から少し気になっているのだが,姥捨てみたいなものがあったのかなぁなどと思ったり,..。

 大滝のワラビ園のところの崩落現場の工事も終了して,無事に開通している。

DSC04684.JPG

百子沢峠を登り切ると,切り通しから正面に飯豊山が綺麗に見えた。ここから綺麗に見えることは,実はあまりないのである。

 下って行くと,お馴染の,今にも朽ちそうな建屋が見える,..うん?何か違和感,..。

DSC04685.jpg

あれ?火の見櫓がなくなってる(驚)。

DSC04505.jpg

これが10月8日に行ったときの画像。こうして,何年も通っているコース沿いから馴染みのものが次第になくなって行く,..。

 樽口の集落の道標も,大分古びて,書いてある文字がはっきりと識別できなくなってきている。何年か前に11月に来たときに,集落でナメコ汁を振舞ってもらったのだが,何かのお祭りのようなものだったのか?あれ以来,そうしたイベントに巡り合っていない。以前にクマにやられて全滅した養鶏業のビニールハウスが復活していた(笑)。

DSC04687.JPG

 いよいよ,久しぶりの樽口峠への登り。春の GF の試走以来かな?「道路が狭くなる」とか「道路の崩壊のために通り抜け不可能」とか書いてあるので,樽口峠の展望駐車場に行く車は,全てピストン運転となる。多くはないものの,数台の車と擦れ違った。


DSC04689.jpg

20分弱で峠着。この道標も,初めて訪れた頃はかなり立派なものに思えたものだったが,ここのところ大分朽ち果ててきて,内部は空洞になりつつある。そろそろ倒壊の危険もありそうだ。

douhyou.jpg

これが,2003年11月3日に初めて訪れた時の道標の画像。9年前である。懐かしいなぁ。今でこそ,ご近所ポタリング的感覚で来れるようになったが,初めての樽口峠までの道のりは,実に心細かったのである。ルートラボなどもなかった時代で,地図からおおよその高低差を読み取って,そのアップダウン振りに,果たして帰ってこられるんだろうかと,半分ビビりながら向かっていた頃が懐かしい。

DSC04691.JPG

いきなり開ける風景。展望駐車場からの飯豊連峰(クリックで拡大)

 曇り空ではあるが,雲が高く,石転び沢から梅花皮山荘まではっきりと見える。やっぱり,飯豊山は雪がないと,今一つ締まらない。春の残雪と,晩秋の冠雪を眺めにくるのが,例年のイベントになっている。

DSC04694.JPG

DSC04697.JPG

クリックで拡大

 さて,この先は小玉川側で,道路の崩壊が起こっているのだが,その現場をあまり詳しく眺めていないので,ちょいと行って見ようと,小玉川側に下ってみた。降る途中で,登ってくるサイクリストと擦れ違った。うん?一旦降って,崩落場所から引き返したのか,あるいは小玉川側から登って,崩落場所を突破したのか?#後者だった様子

DSC04700.JPG

 お,完全に崩落している。あとで聞けば,この崩壊現場の上の方からかなり大規模に地滑りが起こっているようで,その状態を計測するための計測機器が設置されているようだ。その地滑り具合を正確に把握してから工事の方針が決まるらしく,修復までにはかなりかかりそうだ。それにしても,ワラビ園は崩落しやすいのかも知れない。

DSC04701.JPG

逆サイドから眺めてみる(あれ?)。これは結構掛かりそうだ。少なくても,来年のシーズン中に修復されるかどうかというところ。

DSC04702.JPG

「全面通行止」である。まあ,自転車なら突破可能ではある。

DSC04705.JPG

 そのまま下って行って,いつもの補給場所に到着して,..(店の前の野菜はカブとダイコンで,ダイコンは2本100円,カブは5個100円である)

IMG_1403.jpg

 定番のメニュー,「飯豊うどん」の大盛りを食す。cellulose氏は,「岩魚うどん」なるものを食していた。なでら男は,渓流釣りをやっていたころは,うんざりするほど岩魚を食ったので,その手のメニューにはあまり食指が動かない。そういや,今年も一度も釣に行かなかったなぁ。

 店に来られているお客さん達に,ご主人が飯豊山の自然に関していろいろな話をしているのを耳にしつつ食す。不思議に,自転車装束の我々に対して,そうした話がされたことはない。完全に地元の人間と見なされているのか?(笑)

 12時半過ぎに越後屋を後にして帰路に就く。途中,越後十三峠の看板など眺めつつ,..。今度,MTB で走破してみたいが,可能なのかな?道端のいろいろな場所に車が駐車して,その傍で高そうなカメラを三脚に付けて,飯豊付近の紅葉を狙うアマチュアカメラマンが多数。

DSC04711.JPG

 新田橋の上にも何人かいた。小玉川は,相変わらず,神秘的な色である。何が溶ければ,こうした色になるのか本当に不思議だ。ちょっと,ニッケル溶液に色合いが似ているのだが,...。

 越後街道十三峠・朴木峠の道標の先で,健康の森横根へとコースを取る。冬季間の全面通行止のバリケード脇をちょいと失礼して進む。

DSC04713.JPG

DSC04715.JPG

12%くらいの箇所が3箇所出てくる登りをこなして,峠手前のビューポイントでちょいと停車。

IMG_1404.jpg

樽口の駐車場からは手前の山に隠れて見えなかった,飯豊本山が見える。

DSC04718.JPG

朴ノ木峠着。

 ここからは少々退屈なコース。下って,子持トンネルを抜けて,再び叶水へ。今まで唯一の補給場所だった「叶水酒店」の自販機でコーラを補給。店内は棚も商品もなくなっている。哀しい,..。

DSC04719.jpg

 天気もちょいと悪くなってきているようなので,あとはセッセと走るだけ。九才峠を越えて(登りの途中で樽口峠で出会ったサイクリストが休憩中だった。社交的でないので挨拶しただけで話などはせずにスルーしてしまった),菅沼峠を越えて,サンマリーナの丘を越えて R121 へ。あとは,クルクルと脚を回して整理運動しながら米沢市内へ。4時半頃に帰宅。

157km,累積標高差 2300m ほど。まずまず,満足なり。よいツーリングだった。同行頂いた,そして登りは大分緩めて頂いた cellulose氏に感謝(笑)。

« 重さと運動と天気11/11/12 | トップページ | 重さと運動と天気11/12/12 »

ブルベ・ロングライド」カテゴリの記事

コメント

火の見櫓、言われてみればあったなあという感じです。毎年通い続ければ沿道の定点観測ができそうですね。

冠雪した飯豊山が綺麗ですね。
もう、すぐそこまで冬将軍が来ている晩秋の感じでしょうか。
関東も、この数日、やっと秋本番になってきました。

celluloseeaterさん

昨日はお世話様でした。昨日も言いましたが,長年通い続けていると,家がなくなったり,火の見櫓がなくなったり,空き家が雪で倒壊したりと,様々なことを目にします。諸行無常って奴ですかね?^^?

ふつうのパパさん

 多分,今週辺り,数百メートルの山にも雪が降るかと思います。なにしろ,これから一週間ずっと雨マークですし,最低2℃くらいの日もありますし。関東方面,通年乗れて,うらやましいです。^^;

こんにちわ、はじめまして。
樽口峠と九才峠でお会いしたサイクリストは私です!!ググってたら偶然たどりつきました!

わらびサイクリングのコースを走ってみたくて、初めて走ったのですがとてもいいコースですね。
ただ、私もうどん食べてれば良かったのですが、昼ごはん抜きで九才峠に登ったので最後はくらくらしました。(笑)うどん食べてれば、少しお話もできたかもしれなかったですね。
また、いつか走ろうと思います。土砂崩れ、早く治るといいですね。

今回は珍しく日曜でしたが、普段はほぼ平日しか乗れないので、めったにローディさんとすれ違うことも無く、お会いできて嬉しかったです。

ペンション ステラさま

初めまして。コメントありがとうございます。今の時季は,あのコースで他のサイクリストに出会うことはあまりないので,樽口峠でお会いして,おっ!という感じでした。しかも,小玉川側から登ってこられたので,友人と下りながら,「あの人は,一旦下って崩落箇所から引き返したのか?あるいは,崩落箇所を突破してきたのか?」などと話していました。

横川ダムからですと,桜峠などもなかなかよいですね。多分,あのコースは今年の走り収めになりそうです。あの辺りを走り出して約10年になります。少しずついろいろなところが変わってきてます。そういう変化を楽しみつつ,これからも走りたいと思います。また,来年お会いできると嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気11/11/12 | トップページ | 重さと運動と天気11/12/12 »