2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気10/4/12 | トップページ | 重さと運動と天気10/5/12 »

2012年10月 4日 (木曜日)

房室ブロック

 午後からシコシコと明日の講義準備をしていると,携帯に着電。見慣れない番号で,なにかいな?と出てみれば,相手は女房で電話は勤め先の病院。先日受けた人間ドックの心電図に異常が見つかったと。またか〜・・という気分で,電話を替わったドクターの話を聞く。また,房室ブロックらしい。何年か前にも出て,心エコーやら,ホルターの24時間心電図計測などやった。結局,運動を続けていて心肥大の傾向があるからかなぁとかいう話に落ち着いた。で,昨年は出なかった。今年はまた出たらしい。しかも,ドクター曰く「これほど長い間隔の遅れは見たことがない」と。学会報告ものですか?光栄でございます。「明日にでも,病院に来て検査を受けて下さい」と。自分の中では,明日にでもポックリ行っても悔い無しくらいの気持ちではいるんだけど,辺りにはそれなりの迷惑かけるだろうなと思うと,無下にも出来ずに,明日の11時頃に行くから診察の準備をしておくようにと伝えた次第(えらそうに)。:-D

 それにしても,朝寝起きの脈を取っていると,自分でも脈の抜けがわかるレベルではある。自覚症状などは全くなし。なお,症状は,ここに詳しく説明されている。以前の心電図では,このページのアニメーションで示されるのとまるっきり一緒のパターンがそこかしこに散見された。つまり,心房からの小さなシグナル(P波)の後に来る心室からのシグナル(QRS波)の間隔が次第に長くなって,心室のシグナルの抜けが生じる(要するに心拍の抜けが生じる,心臓がさぼっている)。で,また,元に戻るというもの。ある程度激しい運動を継続した場合などに心臓が鍛えられた結果生じることもあるとかないとか,..。病的なものになるとペースメーカーの埋め込み対象になる。

IMG_1152.jpg

我が家の老犬。こいつも12才で,飼い主と同様に,大概ポンコツになりつつある。

« 重さと運動と天気10/4/12 | トップページ | 重さと運動と天気10/5/12 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

われわれ「自転車乗り」にとって、「心臓」関係の不具合を指摘されるのは、ショックですよね~。

見える「ケガ」などと違い、どうなってるのかが、自分では判断できないし(T_T)

でも、あれだけ走っていても大丈夫なんだから、たぶん「スポーツ心臓」的なものではないでしょうか? 良い結果が出ることを期待しています(^_^)/

へばなさん

ありがとうございます。

数年前からチョコチョコ出ている症状で,どうやら初めて指摘されたのは,ブルベに本格参戦した辺りからのようです。やっぱり,20時間くらい連続で比較的高い心拍を維持するような遊びに対応するためには,心臓もそれなりに機能変化するんでしょうかね?

普段通りの生活しなさいと言われたので,思い切り酒呑んでヘベレケになってやりました(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気10/4/12 | トップページ | 重さと運動と天気10/5/12 »