2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気と飲酒 | トップページ | 実家の近くのハス »

2012年7月16日 (月曜日)

プチ山練

今日は実家まで出かけた。実家までは今頃の時期は自転車移動と相場が決まっているが,往復は状況的に無理なので,往路か復路のどちらかを自転車で移動することにした。どちらにすればいいのか,ちょっと考えて,現時点での耐暑性能の確認のために炎天下にヒルクライムしてみることにした。

午後3時前の一番暑い時間帯にスタート。気温は 32℃。実家を出て直ぐに,角田ー白石間の丘越え。流石に暑い。登り始めて数分で顎から汗が滴り落ちる。白石からは通常ルートの R113 ではなくて R457 を経て遠刈田へ向かう。白石の R4 を越えてから,約10kmで,440mほど登って県道51に繋がる(最初はほぼ平地なので,実質7kmほどのコース),そこそこのクライムコースがあるから。以前に,同じような気温のときに登ってピーク近くで,軽い熱中症になって,10分ほど道端にへたり込んだことがある。心拍が 180 からしばらく下がらなくて,ちょっと焦った。

今回は,灼熱感はあるものの,深刻な状態までは進行せず,結構な強度で最後まで頑張れた。理由は,多分,6月中頃から続けている朝のローラー。練習にもならないような時間だが,扇風機もなしで,30分間ローラーを踏み続ける。30分から40分経過すると,身体の中に熱がこもった感じになって,我慢できなくなってくる。そこまでの時間を延ばしたり,強度を上げたりするのである。そうすることで,汗腺が活発に働くようになり,暑熱馴化が進む(と思っている)。今日も,サラサラの汗が大量に流れるが,身体に熱がこもる感覚はあまりなかった。試しに,腕に浮いた汗をちょっと舐めてみると,かなり薄味の吸い物程度の塩辛さ(笑)。

そして,もう一つの要因が,酒を控えていること。先週の月曜日から一滴も飲んでいない。酒を減らすことで,耐暑性は向上する(ように思う)。

そんな感じで,かなりいい感じで登れた次第(あくまで当社比であり,スピードは遅い。遅過ぎて,登坂中にアブに一箇所刺された)。

それにしても,水が足りなかった。ボトル4本を消費したが,今日の気温ではあと2本は必要。

DSC03661.JPG 
今日も重い機材にハブダイナモで常時点灯,..だぜぃ!!

最初の30kmほどで2本がなくなり,いつもの水場(弥二郎コケシから登ってきて,県道51に合流して長老湖方面に少し行った,廃校になった分校の前のゲートボール場の入口のところの大きな岩に穴を穿って,そこに水を引いたもの,#ひつこい)で補給。次はハイドレーションの使い勝手を試さなければ。


« 重さと運動と天気と飲酒 | トップページ | 実家の近くのハス »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気と飲酒 | トップページ | 実家の近くのハス »