2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気 | トップページ | 重さと運動と天気 »

2012年7月30日 (月曜日)

第26回 Mt. 鳥海バイシクルクラシック 1st ステージ

 星輪店前に午前6時に集合。でかいザックを背負って自走で到着。といっても,僅かに4キロ強。今回のマシンには,なにやら余計なものが付いている。ロードレーサーという究極の機能美をぶち壊す代物,それは「ビンボTTアシストバー」(笑)。

IMG_0891.jpg

基本的には,上半身を低くし,肘を内側に畳み込めれば,よいというもので,とにかくハンドルバーの前方になにか手を掛けていられる物があればいいという発想に基づくもの。効果の程は定かではないが,数秒は短縮できるだろうという考え方。
#実際には,ポジションは合わないわ,ハンドルバーの上の肘は痛いわ,..で,効果の程は今一つかも。

で,積み込んで,出発したのは6時半頃。

IMG_0892.jpg

 10時半頃,既に灼熱といっていい由利本荘市矢島町の日新館に到着。

IMG_0893.jpg

 早速,受付をする。受付の女性の笑顔が素晴らしい(笑)。

IMG_0895.jpg

 いつもよりもずいぶんと早く到着したので,TT スタート地点の直ぐ傍の,「克雪センター」に移動する。するとなにやら顔見知りの一団が,既に陣取って,準備おさおさ怠りない様子。お年寄りは「気がもめる」ようだ(笑)。

IMG_0897.jpg

 福島の「チームまげでらんに」の面々である。強烈なキャラの持ち主が多く,全員太棹(津軽三味線のことを言う,つまり,「三味線弾き」の意味)である。最近乗ってないとか,仕事が忙しくて激太りだとか,ブログやらtwitterで散々吹聴しておきながら,

IMG_0896.jpg

やる気満々200%の,ポン師匠のマシン。重量は8キロを切っているだろう。このマシンなら,12分台は確実か? 

さらに,ポン師匠は,

IMG_0898.jpg

たっぷりと休養を取り,

DSC03739.jpg

炎天下でのローラーアップ。流石でございます。ロード乗りの鑑です。db(_ _ それにしても,ブログで書いていた「激太り」とは,どこのことを差すんでしょうか? どう見ても理想的に絞れた肉体のようにお見受けします(笑)。あるいは,隠れた場所が激太り?:-D

 こちらも「まげでらんに」とばかりに,コースの試走。もう,試走なんて必要ないくらいに何度も走っているコースなんだけど,まあ,お約束ということで。なんか,少し脚が重い。登りなどで直ぐに乳酸が溜まる感じ。そして,なにより,...暑い。

DSC03737.JPG

 こんなコースである。8km の TT コースなんだが,意外にアップダウンばかりでパワー配分が難しい。しかも,今日はスタート地点から,かなり強い向かい風が吹いており,往路の登りはちょいと苦労しそうだ。

 そんなことを考えながら,「ビンボDHポジション」のチェックをする。どうも,低過ぎて空力的にはいいものの,パワーを絞り出すためにはあまりいい感じではない。サドルを若干前下がりにすることで改善することはわかるが,明日のことを考えると,この十数分のためだけにポジションをいじる気にならない。向かい風の空気抵抗低減効果と,下りの慣性の利用効率向上のためだけと割り切ることにする。TT に関して言えば,金さえ掛ければ30秒くらい,いや15秒くらいは楽に(は言い過ぎか)短縮できそうだけど,..

DSC03738.JPG

 と,そんな話題でウダウダと過ごしていたら,エアロのワンピースにスレンダーな身を包み,エイリアンヘルメットを被った上様が,話題の究極機材とともに登場。この方の自転車に取り組む姿勢には,いつも感心させられる。尊敬する自転車人の一人である。それにしても,凄い機材だ。舐め回すように,細部を見せて頂く。BB下にリアブレーキが付いている辺りが,いかにもプロっぽい。今年はTT 専用マシンを持ち込む参加者がなぜかかなり目立った。景気回復傾向なのか?

 アップしたり,日陰でボーッとしたり,バカ話でゲハゲハと笑ったりしつつ,出走時間の午後2時17分を待つ。で,いよいよ時間も近づき,スタートの列に並ぶ。

DSC03741.JPG

 前走者は,「まげでらんに」のキクマン師匠(このチームは師匠だらけである)。彼の背中を目標に走ることになる。さらに,後ろには,仙台時代の三浦師匠が走る。今年は全く練習できていないというが,自転車乗りの,この手の言葉は金輪際信用できない。こちらは,日向でウダウダしていたせいか,軽い頭痛がする(これ本当ですから)。熱射病か何かか? 脚も重いし,これから始まる十数分の辛さを思って憂鬱になる一時である。

 スタート台からキクマン師匠のスタートを見送ってから,15秒後にスタート。なにかスピードの乗りが悪い。向かい風のせいだけでもなさそうで,ちょいと弱気になる。下は,マコリンが撮影してくれた走行時の画像。太い,ふとい,フトスギル,...○| ̄|_

r600x600.jpg

 それでもなんとかキクマン師匠の背中を目標にペダルを踏み続ける。平地から下り基調の部分では近付くが,登りに入ると離れて行くという一進一退の繰り返し。後ろからは三浦さんが来るはずで,いつ例のディスクホイールの轟音が聞こえ出すかと気が気じゃない。が,折り返し点まで「ゴンゴン」という音は聞こえず,それなりに頑張っているかもとちょいと期待を持ってしまう。折り返しのUターンで確認すると,三浦さんとはスタート時と同じくらいの差では来ているようだ。

 復路でもキクマン師匠との距離は詰まったり開いたりを繰り返す。が,この距離は時間差にして15秒以内のはず。まだ,なでら男の方がリードしているはず。とにかく,ペダルにトルクが掛かった状態を維持する。下りだろうと平地だろうと。もう,ペダリングもフォームもなにもない。

r600x600-1.jpg

 マコリン撮影の復路の様子。もうほとんど,魂は肉体から抜けかけている。ゴールタイムは13分19秒と平凡だった。昨年は一桁の秒だったので,今年は12分台を目標にしようかと思っていたが,この手の練習は全くしていないので,やはり無理。なんとか,一回でいいから12分台で走ってみたいのだが,..。機材に頼るのは,女々しいので,出来ればノーマル機材で。まあ,取り合えず,まげでらんにチームの同世代の方々には勝ったぜ(笑)。

 終わった後は,知り合いのスタートを眺めたり,...まげでらんにの面々から「この三味線野郎が〜〜!!」と罵られたり,..(笑)。

DSC03747.JPG

DSC03751.JPG

DSC03749.JPG

 全部が終わったのは午後4時頃?トップは10分45秒だかの驚異的なタイムをたたき出した外人の方。どういう次元のスピードなんだか,想像がつかん。

 定宿のユースプラトーまで,チーム仲間と二人で自走。なんかやっぱり脚が重い。明日のヒルクライムが不安になる。宿に着いて,既に飲み始めているオッサンには構わずに風呂と飯。その後,少しだけビールと日本酒を頂き(いつも飲んでる量に比べたら,舐める程度),オリンピックのロードレースのストリーミングを眺めているうちに寝落ち。9時頃か。これほど健全に過ごした 1.5 ステージがあろうか,いやない(反語)。

本日の走行 ロード 40km,今月 957km,今年 8831km

« 重さと運動と天気 | トップページ | 重さと運動と天気 »

ヒルクライム」カテゴリの記事

コメント

来年は、俺もTTバー導入して勝ちにいきますよ~
「チームまげでらんに」総動員で、ギャフンと言わしたりまっせ(笑)

コメント,どうもっす。^^;

来年は,登りも負けねぇ〜〜〜ぞ!!と一応,言っておきます。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気 | トップページ | 重さと運動と天気 »